大人の挑戦! ガミガミしない子育てを目指して
小学校の運動会で使える!ワタシのビデオカメラの選び方!

小学校の運動会で使える!ワタシのビデオカメラの選び方!

2020-10-05
日々の暮らし

こんにちは yukifruits(ユキフルーツ@yukifruits123) です。

運動会前に今年こそビデオカメラを新しく買おう、買い替えようと思い立った方!ひと昔前とは違い、今は4Kビデオカメラもたくさんあり、何をどう選べばいいか悩みますよね。

ワタシは1年に数回程度、10年前に買ったCanonのビデオカメラをずっと使っていました。ところが最近、少年野球の試合の撮影で毎週末のように使うようになり、長時間、炎天下で三脚を立てて使うこと数回、突然電源が入らなくなり、全く使えなくなってしまいました(:_;)野球の試合はほぼ毎週あるので、どうしても買い替えが必要。さっそく下調べを開始しました。4K?フルハイビジョン(以下フルHD)?メーカーは?ネットで色々調べましたが、4KかフルHDかでどちらを選べばいいか、わからなくなり、結局、家電量販店の店員さんにアドバイスいただき、納得したビデオカメラを買うことができました。。

今回はワタシが、店員さんに教えてもらった、選び方のポイントを、解説と具体例を挙げてご紹介します。このポイントを押さえることで、これからの運動会シーズンに向けてのビデオカメラの選び方のお役に立てればと思います。

何を撮影するためのビデオカメラ?

ワタシは、性能やメーカーを選ぶ前に、まず、何を撮影するためにビデオカメラを買うのかを考えてみました。目的がはっきりすれば、何が一番必要な機能かがわかり、迷いなく選ぶことができました。例えば、赤ちゃんの成長記録を高画質で残しておきたいと考える人や、旅行などに軽くて持ち運びやすいのがいい考える人がいると思います。そして目的に加え、こういう機能があればいいな、というのを考えてみました。例えば、遠くまでズームが届くのがいいとか、手ブレ補正機能が優れているのがいいとか、編集が簡単にできるのがいいとか。
ただ、ビデオカメラも家電の一つ。家電の寿命は10年とかと言われるように、年月が経てば壊れることも想定されます。なので、後々こうだからではなく、いま必要な機能を優先して考えてみればいいと思います。
ワタシの場合、野球の試合の撮影をするのが目的で、バックネット裏から1塁から3塁まで広角に撮りたかったのと、6年で引退するときに思い出ムービを作成するのに、写真やほかの方のデータなどを合わせて編集しやすいカメラにしようと決めました。

4Kにする?フルHDで十分?

ウチには4Kテレビも4Kレコーダーもなく、フルHDで十分だと思っていたのですが、4K製品がなくてもきれいな画像で見れるから、4Kビデオカメラがいいと書いてあると、やっぱり4K?でもフルHDビデオカメラでいいじゃないの?と、宣伝文句に惑わされてばかり。そこで4KとフルHDを比べて、撮影する目的によって、どちらを選べばいいか、考えていきたいと思います。

4Kビデオカメラ

4KビデオカメラはフルHDビデオカメラの4倍鮮明な画質で撮影することができるので、肌の質感や繊細な毛先までリアルに撮影できます。4Kテレビはもちろん、普通のテレビで観ても、フルHDビデオカメラで撮影した映像よりくっきり鮮明に観れます。また、撮影した映像を、デジタルカメラ並みの高画質静止画に切り出すことができるので、かけっこのゴールの瞬間など、決定的なシーンを写真にでもできます。
ただ、フルHDビデオカメラに比べ、値段が高く、本体サイズが大きく、本体の重量が重いので、持ち運びに重く感じる人もいるかもしれません。そしてデータの編集、共有が難しく、データのサイズが大きいので、パソコンなどに保存する際は大きな容量が必要になります。

4Kビデオカメラを選ぶポイントは圧倒的な画質の鮮明さの点から、赤ちゃんや子どもの成長を撮影するのに向いていると思います。大きくなってから観ても色あせることなく、楽しめそうですね。

フルHDビデオカメラ

逆にフルHDビデオカメラは4Kビデオカメラに比べ、値段が安く、本体サイズが小さくて軽いのが特徴です。また、撮影データの編集、受け渡し、共有がしやすく、保存容量も4Kビデオカメラより小さくてすみます。ただ、画質が4Kビデオカメラの4分の1になります。

フルHDビデオカメラを選ぶポイントは手軽さなどから、運動会やスポーツイベントの撮影や、旅行先での思い出の撮影に向いていると思います。重さが気にならなければ、気軽にどこでも持って行けそうですね。

メーカーは?

ビデオカメラメーカは大きく、ソニーパナソニックJVDの3つになります。人それぞれ、お気に入りのメーカーがあったり、メーカーそれぞれホームページで説明していますので、ここではワタシの個人的な各社一押しおすすめポイントを上げていきたいと思います。

メーカ一押しポイント
ソニー手振れ補正がすごい!カメラを揺さぶってもブレずに撮れる!
パナソニックズームがすごい!ワイプ機能あり!撮影者も小画面で映り込める!
JVC防水、防塵、耐衝撃、耐低温の4つの保護性能を搭載で悪天候でも大丈夫!

ワタシの選んだビデオカメラは?

ワタシは、ソニーのフルHDビデオカメラを選びました。4Kの画質の良さは捨てがたかったのですが、一番の目的の野球の試合の撮影して編集するということから、持ち運びが軽く、編集しやすいフルHDに決めました。そして、バックネット裏から1塁から3塁まで広角に撮りたかったので、ズームや保護性能よりも手ブレ補正の点で、ソニーを選びました。色は、最近の人気はブラウンのようです。シックな感じで高級感もありますよね。ただ、ワタシの場合は炎天下で長時間撮影ということから、日光を吸収しにくいホワイトにしました。

まとめ

初めてのビデオカメラの方も、買い替えの方も、自分に合ったものを選ぶことができれば、きっと後悔しない買い物ができると思います。せっかくのビデオカメラ。上手に選んで、ビデオカメラでしか撮れない、この瞬間のステキな宝物を思い出として残してくださいね。

それでは今日はこの辺で。最後までお付き合いいただきありがとうございました。